リフォームすべきタイミングはいつ?おすすめの時期を紹介

公開日:2023/10/15   最終更新日:2023/10/20

タイミング

住宅の老朽化やデザインの陳腐化は、家の価値を下げる要因となります。このコラムでは、リフォームすべき適切な築年数とそのおすすめの時期について探ります。新築から何年後がベストなのか、リフォームがライフスタイルや将来の財産価値に与える影響についても考察します。快適な生活環境を保つための参考になれば幸いです。

リフォームが必要となるタイミング

まず、リフォームとは既存の建物や空間を改装や改修して、新たなデザインや機能を導入するプロセスを指します。住宅のリフォームは、適切なタイミングでおこなうことが重要です。これにより、住まいを長持ちさせるだけでなく、快適性や価値も向上させることができます。以下でくわしく紹介します。

新築から5〜10年

新築から5〜10年の間は、通常、小規模なリフォームが主流です。この時期には、キッチンのレンジフードやビルトイン食洗機などの設備に不具合が生じた際に、買い替えを検討する時期となります。

築10年~15年

築10年を過ぎると、水まわりの設備に故障が見られることが多くなります。トイレや洗面所、浴室などの設備の交換が必要となるでしょう。同時に、室内の内装材料にも注意が必要で、クッションフロアや壁紙などのリフォームをおこなうことが効果的です。また、この時期には防水性を維持するために、外壁や屋根の塗り替えが必要な場合もあります。

築15年~20年

築15年前後になると、システムキッチンやシステムバスなど、大規模な設備の交換が必要となります。これらの交換に伴い、床材や壁材のリフォームもおこなうことが一般的です。築年数に合わせたリフォームにより、住宅の機能性と美観を維持できます。

築20年以降

築20年を迎えると、住宅の老朽化やライフスタイルの変化に対応するため、大規模なリフォームが必要になることがあります。この段階では、間取り変更や増改築など、住まい全体の見直しをおこなうことが一般的です。これにより、住環境を最新のニーズに合わせてアップデートし、住宅の価値を向上させることができます。

このように、リフォームの適切なタイミングは、住宅の築年数に応じて異なります。定期的な点検とメンテナンスをおこない、早期に問題を発見し対処することが、住宅を長持ちさせ、快適性を維持する秘訣です。

リフォームに最適な季節

リフォームに最適な季節は、春と秋が人気のシーズンです。ですが、それぞれの季節にはメリットと注意点が存在します。春は、多くの人にとってリフォームの適切な季節とされています。新学期や新しい仕事へのスタート、転居など、新生活の始まりに合わせて家の改修をおこなうことが多いです。

また、春は気候が比較的安定しており、工事に適しています。雨の心配が少なく、工事計画通りに進行できるメリットがあります。ただし、春のリフォームを考える際には、早めの計画と予約が重要です。

春が過ぎれば夏に梅雨が訪れる地域も多く、屋根や外壁のリフォームなど、雨による影響を受けやすい工事に影響がでます。遅れることで工事が長引く可能性もあるため、計画を立てる際には注意が必要です。次に秋もリフォームに適した季節とされています。

春と同様に人気があり、その理由はいくつかあります。秋はエアコンの利用が少なく、室内の温度が安定しているため、さまざまな場所でのリフォームに適しています。しかし、秋には1年の中で台風の発生が多い時期でもあり、予測が難しいため、工事が予定より遅れることがある点には注意が必要です。

このように、春と秋はリフォームに適している季節と言えますが、それぞれの季節には気候や予約状況などの要素が影響します。リフォーム計画を立てる際には、地域の気象条件や業者の予約状況を確認し、最適な季節を選ぶことが賢明です。

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者を選ぶ際のポイントについて以下に紹介します。

実績と評判を調べる

リフォーム業者の選択は、その業者の実績と評判を徹底的に調査することが重要です。内装工事、外構工事、デザイン性など、業者ごとに得意な分野が異なります。自身のニーズに合った業者を選ぶために、過去の施工実績や顧客の評判を確認しましょう。

近くの業者を選ぶ

リフォーム工事は、全体で数か月から半年以上かかることがあるため、できるだけ近くの業者を選ぶことが望ましいです。地元の業者を選ぶことで、打ち合わせや急なトラブル時に素早く対応してもらえ、信頼感が生まれます。

保証とアフターサービスを確認

リフォーム業者を選ぶ際に、その業者の保証とアフターサービス制度を確認しましょう。充実したアフターサービスを提供する業者は、工事後に発生した問題にも迅速に対処してくれるため、安心感があります。

詳細な見積書の確認

複数の業者から見積もりをもらう際、見積書の内容が詳細であるかを確認しましょう。大雑把な見積もりを提供する業者には注意が必要です。見積もりの内容を理解し、何が含まれているのかを把握するためにも、最低限の知識を身につけておくことが重要です。

これらのポイントを考慮しながら、信頼性の高いリフォーム業者を選ぶことで、リフォームプロジェクトがスムーズに進行するでしょう。

まとめ

家の老朽化やライフスタイルの変化に合わせて、適切な時期にリフォームをおこなうことは、住まいの価値を維持し、快適な居住空間を確保する手段です。また、リフォームの季節選びも重要で、気象条件や業者の予約状況を考慮することが成功の鍵です。

最適な季節でのリフォームにより、工事の円滑な進行と品質向上が期待できます。さらに、信頼性の高いリフォーム業者の選定は、プロジェクトの成功に直結します。実績や評判の調査、近隣の業者の選択、保証やアフターサービスの確認、詳細な見積書の検討は不可欠です。これらの要素を組み合わせ、賢明なリフォーム計画を立てましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

家は時間とともに変化します。時には小さな修理や、家族構成やライフスタイルの変化によって大きな改修が必要になります。本記事では、リフォームを考える際の一般的なきっかけから、ライフステージの変化

続きを読む

家はまるで生き物のように年月とともに変化し、私たちの生活に合わせて成長します。しかし、その変化には注意が必要です。家の寿命を延ばし、快適な住まいを保つためには、建築年数に応じた適切なリフォー

続きを読む

家のリフォーム計画を考える際、土間の魅力に惹かれる人は多いでしょう。土間は日本の伝統的な要素であり、屋内でも土足で歩けるスペースになります。本記事では、土間の魅力やリフォームにおけるメリット

続きを読む