パートナーホームの口コミや評判

公開日:2022/12/15   最終更新日:2022/12/12

パートナーホームの画像

パートナーホーム(パートナーホーム株式会社)
住所:〒465-0055 愛知県名古屋市名東区勢子坊1-104
TEL:0800-111-7722/052-753-4466

パートナーホームをご存じでしょうか?名古屋で、スタイリッシュなバリアフリー住宅を建てているのが「パートナーホーム」です。また、デザイン性だけでなく、住みやすさにもこだわっています。もし、カッコイイ住宅を建てたいと思っているのであればおすすめです。今回は、パートナーホームの特徴について分かりやすくご紹介します。

スタイリッシュなバリアフリー住宅を安く提供

パートナーホームとは、一体どんな業者なのでしょうか?こちらではパートナーホームについて詳しくご紹介します。

パートナーホームとは?

パートナーホームとは、正式名称「パートナーホーム株式会社」です。愛知県名古屋市名東区に本社があります。

事業内容は、住宅販売での住宅のデザイン・施工、外構・エクステリアのCADデザイン・施工、リフォーム関係では、住宅のリフォーム・マンションのリフォームのデザイン・施工を行っています。

また、太陽光発電システムの販売・施工も行っています。その他、蓄電池システムの販売・施工、住宅電気設備工事・WEBデザイン・ファイナンシャルプランナーなど、多種多様なビジネスを展開しています。

次にパートナーホームが提供する住宅の特徴をご紹介します。

スタイリッシュな住宅

1つ目の特徴は「スタイリッシュな住宅」です。一般的に住宅の設計は主に「間取り」にばかり考えが向きがちです。そうなると、確かに使いやすい間取りの住宅が建ちます。ところが見た目はイマイチな住宅になってしまいます。パートナーホームであれば、間取りだけでなく、見た目もスタイリッシュな住宅を建てることができます。

バリアフリーに力を入れた住宅

2つ目の特徴は「バリアフリーに力を入れた住宅」です。住人に高齢者や障害者がいる、いないにかかわらず、バリアフリー化は重要です。バリアフリー化しておけば、ケガや病気になったとき、自分が歳をとったときでも不安なく過ごすことができます。

できるだけ住宅を安く提供する

3つ目の特徴は「できるだけ住宅を安く提供する」ことです。よいデザイン・よい材料・手間暇をかければ当然素晴らしい住宅が建ちます。ただし、価格が高くなってしまいます。ところがパートナーホームは、よいデザイン・よい材料・手間暇をかけても、できるだけ住宅を安く提供したいと考えています。

専門アドバイザーが現地調査に訪問

パートナーホームの現地調査はどのように行われているのでしょうか?こちらではパートナーホームの現地調査について詳しくご紹介します。

パートナーホームの現地調査とは?

パートナーホームの現地調査は、会社のお客さん担当者と現場を担当する大工さんと一緒に現地調査に伺います。その理由は、大工さんに専門アドバイザーになってもらうからです。

現場を大工さんに確認してもらうことで、現場の特徴をつかむことができます。そこから、さまざまなアドバイスをもらえます。結果、現場の環境にピッタリとマッチした住宅を建てることができます。

お客さんの要望を形にする

パートナーホームは現地調査をすることで、できるだけお客さんの要望を形にすることを目指しています。現場にはいろんな現場があります。高低差がある土地・狭小地・不整形地・袋地など、さまざまです。

現場は図面を見ただけでは分かりません。実際に現場に行ってみて、初めてどんな土地なのかが分かります。パートナーホームは現地調査をすることで、現場を理解し、お客さんの要望を形にしたいと日々考えています。

光と風の演出を意識したプラン

パートナーホームのプランはどんなものでしょうか?こちらではパートナーホームのプランについてご紹介します。

パートナーホームのプラン作成の流れ

パートナーホームのプラン作成の流れについてご紹介します。パートナーホームは、最初にお客さんから要望をヒアリングします。ヒアリングすることで、お客さんと建物のイメージを共有します。次に現地調査を行い、現場のデータを収集します。その後、お客さんの要望と現場のデータをもとに、プランを作成します。

光と風の演出を提案

パートナーホームでは「光と風の演出」をします。光の演出とはダウンライトリフォームのように、光の強弱を利用したムードを醸し出す演出をすることです。明るい部分と暗い部分があることで、カッコイイ雰囲気を作ることができます。風の演出とは、住宅内に爽やかな風の通り道を作ることです。住宅内を1日中、心地がよい空間にできます。

パートナーホームは、光と風を使うことで、住人が楽しんで健やかに暮らせる住宅を提供しています。

まとめ

今回は、パートナーホームの特徴についてご紹介しました。どなたも、家を建てる前はスタイリッシュで、カッコイイ住宅を建てたいと思っています。ところが実際に住宅の打合せに入ると、間取りなど、屋内のことに関心が向かいがちです。そのため家の見た目は後回しになります。

パートナーホームは、間取りはもちろん、住宅の見た目もしっかりとデザインしてくれます。本記事が、パートナーホームの特徴について知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

キッチンリフォームにおいて、新たな魅力を加えるひとつのアイデアにパントリーの設置があります。本記事では、パントリーの魅力とメリットについて紹介します。パントリーは食品の整理やストック管理にも

続きを読む

階段のリフォーム費用には、さまざまな要因が影響します。階段の材料やデザイン、大きさ、および付随する工事です。本記事では、異なる施工内容に基づく一般的な費用の相場を検討し、階段のリフォームプロ

続きを読む

リフォームに取り組む際、何から始めるべきか悩む方は多いでしょう。リフォーム会社に依頼する前に、どの部分から手をつけるのがいいのか把握しておくことが大切です。優先順位を間違うと、快適に過ごせな

続きを読む

マンションのリフォームは可能ですが、注意点がいくつかあります。このコラムでは、リフォームの費用や許可、注意点についてくわしく解説します。マンションの構造や管理規約によって制約があるため、事前

続きを読む

住宅の老朽化やデザインの陳腐化は、家の価値を下げる要因となります。このコラムでは、リフォームすべき適切な築年数とそのおすすめの時期について探ります。新築から何年後がベストなのか、リフォームが

続きを読む

「家のイメージをガラッと変えたい」「壁紙のデザインって変えられるのかな?」などと思っている人はいませんか?住居の中で大きな面積を占めているのが壁紙です。よく目につく部分のため、壁紙をリフォー

続きを読む

畳は日本人にとって最もなじみ深い床材です。い草の香りは心を落ち着かせ、リラックス効果をもたらしてくれます。しかし畳はフローリングと違って、定期的に張り替えのリフォームをしなければいけないので

続きを読む

「家が古くなってきたので、住みやすいように変えたい」と思ったときに考えられる方法が、リノベーションとリフォームです。しかし、住宅工事をした経験がないと、2つの違いがよくわからないかもしれませ

続きを読む

住宅関連の情報を集めていると、必ずといっていいほど出てくる「リフォーム」と「リノベーション」という用語。呼び方が違うだけで意味は同じだと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし実はこの

続きを読む

玄関は帰って来た時に足を踏み入れるとホッとする場所にしたいですよね。また、ゲストが来訪した時にも玄関の印象は大きいため、気持ちよく迎えられるよう整えておきたいものです。とはいえ、今ある玄関の

続きを読む